Our York Bar  
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
【読了報告】オカワダアキナ「猫を飼う」
オカワダアキナさんの「猫を飼う」を読みました。
オカワダさんの作品を読むのは、テキレボアンソロの「飛ぶ蟹」以来です。
タイトルを囲うカギカッコが『』ではなく「」なのは、本ではなくweb上で読んだからです。
(ご本はもう完売してしまったそうで、お持ちの方が非常にうらやましいです)

「ザネリ」というオカワダさんのサークル名は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に出てくる名前だそうですが、恥ずかしながらいまだまともに読んだことがありません。
「銀河鉄道の夜」については、私の小学生時代の担任が「人形劇を観たけど何がいいのかよく分からなかった」とディスっており、読書家の姉が「あの良さが分からないなんて、その先生まじセンスないな」とさらに先生をディスって、私の頭の中では先生(中年男性)vs読書家の姉(JK)の仁義なき戦いが繰り広げられていました。
(どうぞここで、あのトランペットの「ぱやや~~~、ぱやや~~~」というテーマ曲を流してください)

話が脱線しかしていません。
オカワダさんが書かれているのは「ジョバンニやカンパネルラになれないひとたちの物語」なので、「ザネリ」というサークル名になさったとのことで、私の中のザネリ君はオカワダさんが書かれる人物に似ているのかな、と勝手に思っています。
(※ザネリが男なのか女なのか、人間かどうかさえ知らないのですが、「銀河鉄道の夜」読むまであえてググらないでおくので、私に「ザネリっていうのはこういうキャラだよ」と教えないでくださいね。
ネタバレを吹き込むのはやめてください! 読んでない人だっているんですよ!!)
オカワダさんいわく、「年金払ってなさそうな人たち」。
「猫を飼う」の主人公鶴森ハルオも確かにそんな感じがします(笑)
現代社会の「ふつう」「まとも」といったメインストリームからはずれて、定職に就かず社会の歯車にはならず、かといって夢に向かって熱くひた向きに邁進するわけでもなく、どことなく不健全に生きているけど、たぶん善良な人たち。
いまのところそんなイメージです。

ここは私のブログだし、読了報告であって読書感想文ではないので、いくら話が脱線したって罪には問われないでしょうが、右上の×をクリックまたはタップする音が聞こえてきそうなので、いい加減話をもとに戻そうと思います。

「猫を飼う」は、東京都豊島区雑司ヶ谷周辺を舞台にした作品です。
主人公鶴森ハルオ(三十歳)は、作家を志望しつつもいまのところ名を成しておらず、国語の非常勤講師と、フリーペーパーの星占いコーナーを書くことで生計を立てていました。
ハルオは友人の亀山三四郎(漱石の主人公と同じ名前だ!)がクモ膜下出血で急逝したのを機に、非常勤講師を辞めて小説の執筆に取り組もうとします。が、思うように筆は進みません。
そんなある日、ハルオの部屋に佐藤ミユキと名乗る女性が猫を連れてやって来ます。ミユキはハルオが作った猫探しのチラシを見てやって来たと言うけれど、ハルオにはそんなチラシを作った覚えはありません。
ミユキが代わりの飼主を見つけてくるまで、ハルオは仕方なしに猫を引き取ることになって……、というお話です。
本作でまず読者の興味を牽引するのは「誰がハルオの名を騙ってチラシを作ったのか?」という犯人捜しのミステリーですが、そこに夢と現実を行き来するマジックリアリズム的要素(使い方があってるか不安です)が見事に融合しています。さらにちょっぴりクセのある登場人物たちとが相まって、どんどん先を読みたくなるお話でした。
(ここらで一旦畳みます。)
>> ReadMore
スポンサーサイト
2017'07'29(Sat)20:27 [ 同人誌の感想 ] . . TOP ▲
【読了報告】孤伏澤つたゐ『はだしの竜騎士』
孤伏澤つたゐさんの『はだしの竜騎士』を読みました。
テキレボ4での戦利品です。
つたゐさんのご本を読むのは、『Last Odyssey』『瀞』に続いて三冊目です。
最近若干仕事が忙しく本を読む時間が削られがちなのですが、もーなんか読みたくてしょうがない! ということで本棚から選びました。

正直に告白いたしますと、つたゐさんのご本は、なんとなく通勤電車の中で読んでしまうのがもったいないような感じがしていました。
最初に『Last odyssey』を外出中に電車の中で読んだとき、これは申し訳ないことをしてしまったなあと思い、『瀞』はめちゃくちゃ待たされる病院の待合室で少しずつ読んだ憶えがあります。
通勤電車だと、私の場合家と職場もさほど遠くないからぶつ切りになってしまいますし、文章の一つ一つがどれも粒よりの真珠のように美しいので、スキマ時間の暇つぶし的に消費してしまうのが申し訳ないように勝手に思っていたのです。
毎日億劫な通勤を楽しみにしてくれるような、わくわくする本も素晴らしいのですが、つたゐさんのご本は休日に家でゆっくり読書の時間を取って読むべき本だろう、と。
実際には休日も映画に原稿その他みっちり予定がつまっていて、そんな時間はほとんどないわけなのですが。

でも『はだしの竜騎士』を読んで、そんな考えが少し変わりました。
変わったというか、分かったのです。
「私たちはつたゐさんの文章を消費できない」のだと。

(ここらで一旦畳みます。)

>> ReadMore
2017'05'12(Fri)23:39 [ 同人誌の感想 ] . . TOP ▲
庭田悠甫×鈴木梢 第二回公演「俺がいるだろ」&鈴木梢『文梢17 空間』の感想
去る4月23日、Twitterで相互フォローしていただいている鈴木梢さん(@SyKaku)のお芝居を観るべく高円寺まで行ってまいりました。
(ホームページはこちらです)
その際に鈴木さんの詩を集めた冊子『文梢17 空間』も配布されておりまして、そちらの感想も併せて書きますので、当記事のカテゴリは「同人誌の感想」になっております。

私は創作のほかに映画も好きで(2015年末に突然好きになったので、以前の映画は詳しくないんですが)、ありがたいことにTwitterには映画つながりの相互フォロワーさんもいらっしゃいます。
SNSでの交流が苦手なわけではないのですが、私の映画経験値がめっちゃ低いのでお相手していただくのが申し訳ないような気がして、こっそり栗やうなぎを持ってくるごんぎつねのごとく、イイネとRTを飛ばしているだけでリプはできないことのほうが多いです。(それラストで射殺されるやつだな?)

鈴木さんもそういった相互フォロワーさんのお一人で、映画関係のライターさんをなさっていて、映画にお詳しいだけでなく名だたるスターにインタビューされたりなさっていて(!)長いことごんぎつねしていたわけですが、文筆活動や演劇もなさっている方と知り、機会があったらお芝居拝見したいなあと思っておりました。
そしてこの度それが叶ったわけです。
(その節はお席の確保ありがとうございました!)

私自身の演劇経験はというと、小学校の学芸会と、中学校の演劇部のお手伝いくらいしかありません。
ですので何かおかしな感想を書いているかもしれませんが、ご笑覧いただけましたら幸いです。
(この辺で一旦畳みます)
>> ReadMore
2017'04'29(Sat)17:01 [ 同人誌の感想 ] . . TOP ▲
【読了報告】夕凪悠弥『月下の星使い』
夕凪悠弥さんの『月下の星使い』を読みました。
テキレボ5の戦利品です。

私の見ているTL上で、「あなたの〇〇さんはどこから?」という話題がちょっと流行っていたのですが、私の初夕凪さんはテキレボアンソロ「終わりのそのときに」でした。
「星天術」の使い手フェルナンドと、彼に拾われた少女ルーナのやり取りが大好きで「もっとください……!!」と思っていたんですが、なんと一冊の本にまとまって出るというではありませんか!
ありがとうございます……ありがとうございます……拝んじゃう……(*´Д`)

「おさしょう」(おっさん×少女)という言葉はどれほど浸透しているものなのでしょうか。
私はテキレボに一般参加するまで全然知りませんでした。
(「おねショタ」も同様に知りませんでした)
たぶん無意識のうちに、おっさんと少女の物語は今までにも接していたと思うのですが、「おさしょうだ!」と認識して読んだ作品としても初めてかもしれません。
なので『月下の星使い』初夕凪さんでもあり、初おさしょうでもあるという記念すべき一冊になりました。わーい(*´ω`*)

もちろん「おさしょう」フェルナンドとルーナの関係が超スーパーウルトラハイパーアルティメットもえもえドカン(意味不明)なのですが、それ以外にも面白さがいっぱい詰まった作品でした!

……と、この辺でいったん畳みます。
>> ReadMore
2017'04'23(Sun)23:38 [ 同人誌の感想 ] . . TOP ▲
【読了報告】土佐岡マキ『嘘つきの再会は夜の檻で』
土佐岡マキさんの『嘘つきの再会は夜の檻で』を読みました。
テキレボ5の戦利品です。
毎月の300字SS企画で、土佐岡さんの作品は短くてもしっかりオチがついててすごく好きだな~! って勝手に思っておりました。
そしたらテキレボアンソロ「嘘」にも参加なさっていて、やっぱりとても面白くて。
(※ちなみにこちらです→「病と明かさぬ夕べ」 本書にも収録されています。)
本編があるですって!? 買います! と、無料配布の試し読みをすっ飛ばして購入させていただいたのでした。

主人公の江波透夏(えなみ・とうか)には辛い過去があります。
中学生のとき、自宅で母親が殺されたのです。現場にいた透夏自身も被害に遭っています。
その犯人として逮捕されたのは、透夏の友人で隣人でもあった西末悠(にしずえ・はるか)だったのですが、透夏の記憶は曖昧で、事件当時何があったのかはっきりと思い出せません。
透夏は悠との再会を望みますが、周囲の人々は反対します。
折しも透夏の身近で通り魔事件が起こり、悠の仕業ではないかと疑われるのですが……といったお話です。

ミステリーは特にネタバレ厳禁なジャンルですが、気をつけて感想を書いてみます。
続きからです。
>> ReadMore
2017'04'17(Mon)20:35 [ 同人誌の感想 ] . . TOP ▲