Our York Bar  
12≪ 2019| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303101/ ≫02
読了報告さくいんコーナー
・著者名(敬称略)は五十音順、書名の並びは任意です(刊行順や購入順にはなっていません)。
・アンソロジーは主宰(主催)された方のところに配してあります。
・記載されている情報は記事投稿当時のものですので、ご購入を検討される際には必ず最新の情報をご確認ください。
・Twitterで書いた短い感想が主で、ある程度長いものには★がついています。
 感想文の長短は書いた時期などによるもので短いからといって大してスキではないということではないのでご了承ください。
(長いのは間違いなくスキです)
・各作者様、リンク等不都合ございましたらお手数ですがご一報くださいませ。

続きからどうぞ。
>> ReadMore
スポンサーサイト
2037'01'01(Thu)00:00 [ 同人誌・web小説の感想 ] . . TOP ▲
【読了報告】凪野基『双つ海に炎を奏で』
凪野基さんの『双つ海に炎を奏で』読了しました。
テキレボ7での戦利品です。
(9月ぐらいから読んでたんですが、なかなか読める時間が取れなくてとぎれとぎれに読んでしまい、なんかふんわりした感想ですみません……! 読了報告程度ということで~)

政略結婚から始まる恋愛ファンタジーということで、前半は少しずつ惹かれ合っていくナターシュとエドワルドの心の動きにどきどきしました。
私もすぐにはエドワルドのことが信じられず(笑)「大丈夫かな?」なんて思っていましたが、心配いりませんでした。
いい男だったエドワルド……。特にナターシュとその双子の妹シャナハにまつわる秘密を知った後の度量の広さがかっこよかったです。

後半はお国の一大事(?)に巻き込まれたりもするのですが、ナターシュらはあくまで自分の大切な人たちを守ることからぶれずにいるのがよかったです。
でも個人的に一番印象的なのはカラディンでした。
物語上は悪玉的存在ですが彼のあくなき好奇心はすごく無邪気で、学究の徒も度が過ぎるとだいぶあぶないな……と思いました(訳:だいすき)

2019'01'06(Sun)21:00 [ 同人誌・web小説の感想 ] . . TOP ▲
【読了報告】木村凌和『輝く瞳に夜の色』
※Twitterからの転載です
よく確認したらあまぶん(2017年)の戦利品でした。




いただいた無配ペーパーによると関連作品が今後刊行される予定のようなので(もっと後の時代のお話のよう)
そちらも楽しみです。

2018'11'30(Fri)12:52 [ 同人誌・web小説の感想 ] . . TOP ▲
【読了報告】永坂暖日『魔女の婿取り』
永坂暖日さん『魔女の婿取り』を読みました。
テキレボ7の戦利品です。
ある事件をきっかけに、魔女と恐れられるようになった荘園領主の娘ダレオナ。その「婿取り」を巡る物語です。
雑に分けてしまえば剣と魔法のファンタジーになるのかなあと思うのですが、中世ヨーロッパ(たぶん……)を思わせる荘園制や、その土地の人々の生活、薬草などの細かな描写がリアルで、本当に外国に伝わっている昔話を読むようでした。

誰がダレオナの婿になったのか? というネタバレは回避しますが、最後に彼女が得たものはささやかで、けれどもすごく大きなものだったなあと……。
永坂さんは幕の引き方が絶妙で、ときにはシビアな(シビアすぎる)結末を用意なさることもある作家さんという印象なのですが、この作品もある意味シビアで、でもこれ以外に考えられない結末でした。
ワーッて拍手を送りたい~! ワーッ!!\(^O^)/
2018'09'28(Fri)23:29 [ 同人誌・web小説の感想 ] . . TOP ▲
【読了報告】そらとぶさかな『巨人よ、穴を埋めよ』
そらとぶさかなさんの『巨人よ、穴を埋めよ』を読みました。
2017年の尼崎文学だらけでの戦利品です。
地面にひとりでに穴が空くという奇妙な現象が起こる荒野。
その穴に惹かれてやって来た少女ネルと、近くの森に住む三人の「穴埋め人」、そして番人ロッヒの物語です。
うっすらネタバレしている気がしますのでご注意ください。
>> ReadMore
2018'09'27(Thu)23:47 [ 同人誌・web小説の感想 ] . . TOP ▲