Our York Bar  
10≪ 2018| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
ゆめつむに行ってきた話&今後のイベント参加予定
「夢を紡ぐ創作の集い」(通称ゆめつむ)に行ってきました。
いつもお世話になっている永坂暖日さんのブースに『美形点睛』を置いていただくためです。

※『美形点睛』はこちら。「美形が鼻血を出す」がお題の小説アンソロジーです。
美形点睛


一般参加(サクチケもらいました)なのでサークル参加のことはあんまり分かりません。
途中ラーメン食べに抜けてたりもしたので、私が目にした部分だけですが雑に箇条書きで所感など~
(長いのでたたみます)
>> ReadMore
スポンサーサイト
2018'09'30(Sun)22:49 [ 即売会イベント ] . . TOP ▲
テキレボ7参加レポート
 去る7月16日に、第7回Text-Revolutionsに参加してまいりましたのでレポートです。
 長文です。最後には重大発表(?)もあるよ!

■朝~メンバーズのおしごと(代行)について
 朝は無事寝坊せずにすみました。
 今回はサークル設営時間の10時からメンバーズに参加させていただくことになっていたので、それまでに少しでも自ブースの設営と代行の準備をしておく必要がありました。(会場設営から参加すると、早めに自ブースの設営に取りかかれるのでおすすめです。)それに会場が前回までよりも広くなったので、人手がないと会場設営が押してヤバイのでは? という危機感もありました。
 同じことを考えてらした方が多かったのか、設営にはかなり多くの人がいらっしゃっていたように思います。ものすごい勢いで会場が出来上がって、なんだかもうそれだけで、テキレボっていいなあと思いました。

 設営イメージを事前に打ち合わせしておき、あとはseedsさんやKaLさんにお任せして10時からメンバーズのお仕事へ向かいました。
 箱の中に書類を入れ(何だっけ……)、あとは代行の受付、ポスティングのご案内をさせていただきました。
(ついでに空想工房の代行も先んじて受付していただきました。役得ですね。結構な量があったのですが、スタッフの森村さんに手伝っていただけてたいへん助かりました。ありがとうございました。)

 代行受付開始直後の受付をやっていたメガネのおねえさん(おねえさん)が私です。
 多少予想はしていましたがやっぱりどんどんサークルさんが代行アイテムを持ち込んで行列になっていました。
この時間で詰まってしまうとサークルさんを長くお待たせしてしまい、ゆっくりお買い回りできる時間を奪ってしまいますので、なるべく速く正確にできるようにと心がけたつもりです。
 久世さんが急遽ヘルプに入ってくださって大変助かりました。ありがとうございました。
 ポスティングのご案内は非常にしどろもどろだったのですが、みなさま良い方ばかりで温かくスルーしてくださいました。これまたありがとうございました。
 列の切れ目ができたところで11時になりメンバーズタイム終了となりました。
 多少なりともお役に立てていたら嬉しいです。

■ブースと陳列について
 ブースはこんな感じでした。
テキレボ7設営写真

 空想工房としての新刊『カケラ vol.03』と、私が主宰したアンソロ『美形点睛』を両サイドで推そうというのと、敷布を無地のものにしてそれぞれの表紙が目立つようにしよう、というのが今回のポイントでした。
 しかし陳列に高さを出したせいで前まで手が届かず、買ってくださったお客さんにご自分で一冊持って行ってもらうしかなかったというのが難ありでした。
 複数人サークルなこともあってアイテム数が多く、判型や装丁の雰囲気にもバラつきがあり、全体的に乱雑なのも気になります。
個人誌は何種までとか決めたくないよなあと思うので、seedsさんはじめメンバーで相談してどうにかスマートな陳列を考えねばと思います……。

■お買い物について
 戦利品ツイートはこちら。




 KaLさんが来てくださって早めに買い物時間を取らせていただけたおかげで、完売で買えなかったものとかは今回ありませんでした。
 買い回るのが精一杯で、サークルの方とゆっくりお話しするほどの時間はありませんでした。はじめてお目にかかった相互フォロワーさんもいらっしゃいましたし、もう少しゆっくりお話したかったなあ。
 今回もたくさん買いました。(よ、読みます……)
 それでもなお、やっぱり買い忘れがぽつぽつとあり……。しかもそのサークルさんのほかの本は買ってるというのまであったり。
 絶対行かねばと思ってたブースに行きそびれてたりもして( ;∀;)
 またの機会を狙いたいと思います……。

 あと「ほんのどこか」でお迎えしたり候補に挙がっていた本は、不思議と自分の本と共通点があって面白かったです。

■売上について
 売上は私の個人刊行物だけで言えば、部数・金額ともに過去最高でした。ありがとうございます!
 新刊二種があったこともあって、総頒布数は前回の倍くらいです。とはいえ印刷費の回収は全然できていません。

・売上が良かったのは主にすごい作家さん方に寄稿いただいた『美形点睛』(「鼻血」と呼ばれ続けていた)のおかげです。つまり、鼻血はたくさん出ました!!
 増刷はしませんがはりきってモリモリ刷ったので残部はまだまだございます。執筆者さんたちのお手を借りまして今後も頒布していく予定なので、まだお持ちでない方は検討してくださると嬉しいです。

・新刊『剣士と赤竜』も、前回の暁天ほどではないけれど思っていたよりたくさん旅立っていきました。
 残部は20部を少し切るくらいです。
 誤って頒価を安くしすぎましたので、もう増刷はしないと思います。途中で値上げするのもいやだしなー。
 そういえば、公式打ち上げで某方に「アンソロとアワさんの新刊を同時に出したら、新刊のほうが売れなくなるのではと勝手に心配していました」とお聞きしたのですが、実は私にも同様の懸念があったのでちょっとした工夫をしておりました。
 これについては気が向いたらまた別の記事でブログに書こうかなと思います。
 伊崎さんに「『暁天の双星』が暗い話だったので、今度は明るいといいなあと思っています……」と言われて笑ってしまいました……明るい、といいな!

・既刊の『剣士と赤竜おためしセット』は1部も出ず、新刊のほうが思いがけず残部が少なくなってしまいましたので、今回で終売とします。
 3部くらい余っているので、Twitterの相互フォロワーさんでご希望があれば(直接お会いする機会があるときに)無料で差し上げます。

・前回どんどこ売れたので今回は行き渡ってあんまり出ないかなと思っていた『暁天の双星』も、午後になるとお手にとっていただけました。
 主にサークル参加者さんが手に取ってくださっていたようでありがたいです。
 こちらはまだ30部少々余っていますが、そのうち同世界観の後日譚を書きたいなと思っているので、ゆるゆる売っていきたい所存です。
 その際の装画はもちろん氷上さんにお願いするつもりでいます\(^O^)/

・ゴブガリ&隠れ現代FT案件『月の光はきこえなくても』(つきこえ)は見本誌分まで完売しました。
 完全に両企画さんのお力だと思います。ありがとうございます。
 私の手元にはもう1冊もないけれど、カクヨムにあるからまあいいか。
 「選ばれし者の帰還」と書き下ろしを入れて、そのうち連作短編集として出したい気持ちはあります。
 『美形点睛』完売後でしょうね。つまり、鼻血が全部出きった後ですね!!!

・無配の横長本「ムーンライト・ミンストレル」試作版も、ヤギさんのおかげでたくさんもらわれていきました。
 ありがとうございますヤギさん。
 印刷所さんにお願いして作ったちゃんとした本(?)だったので無配だと気づかれなかった方が多かったようです。
 もうちょっとデカデカと無料ですって書いておけばよかったなあ。
 本編の刊行予定については後述します。
 
 ところで既刊が出るというのはとても嬉しいものですね!
 自分ではそれほど力を入れて宣伝していないので、きっとどなたかの感想を読んで、興味を持ってくださったんだろうと思っています。
 大変ありがたいことです。

 売上における代行:直売(?)の比率は、前回だいたい1:2くらいだったんですが、今回は新刊が1:3、既刊(暁天)が1:1くらいでした。
 代行が減ったわけではなく、直接ブースに買いに来られるお客さんが増えたのかなという感じだったのですがどうでしょう。

■迷惑おじさんについて
 seedsさんがぶっちゃけてたので、わたしも書きますね。
 近くのブースにおじさんのお客さんがいらして、ちょっと通行の妨げになるような位置に立ってらしたので、「すみませーん」と言ったのですがしゃべるのに夢中なのかどいてくれず、ぶつかりながら強引に押し通り「なんやこのおっさん邪魔くさいのう」と内心思っていました。
 その後お店番やらなんやらしていたのですが、なんとそのおじさん、ずっと同じ場所でしゃべり続けているではありませんか!
 サークル主さんがおひとりで参加されている若い女性の方だったこともあり、「もしかして粘着されてる?」「お知り合いかなあ?」「本部に言おうか?」とseedsさんと話していたのですが、いつの間にかいなくなっていました。
 たぶん20分ぐらいはいたと思います。お助けできなくて大変申し訳なかったです。
 あーこういう人本当にいるんだなーやだやだ~なんて思っていたらまさか公式打ち上げにもいるとは……
 談笑しているところへいきなり割り込んできて、聞いてもいねえ自分の話や私たち同人作家に対する偏ったイメージを語られて鬱陶しかったのですが、あつかましいほうのコミュ障が法令違反なわけでもないし邪険にもできず、もういっそ私のケツでも触ってくんねえかな……と思い始めました(どうかと)
 規模が大きくなるとこういう人はどうしても増えるんでしょうねー。
 悪気がないだけに困ったもんだなあと思いました。

■その他覚え書き
・今回の配置は私にとってはあんまり良いと思えなかったかな……。
 A列の存在は忘れかかったし(本部みたいに見えた)私がいたB列は壁向きで視界に圧迫感がありました。
 でもバックヤードが広いのはよかったです。

・コスプレは正直はじめは「果たして盛り上がるの?」と思っていたけど見ていてとても面白かったです。
 自分ではやらないけど続けてほしいです。
 氷上さんみたいに推し創作キャラのコスプレなさる方が増えたら面白いだろうし、版権ならネタ元のコスプレ一団がいたら知らなくてもその二次創作が気になると思う。

・「お買い物代行サービス」は直参サークル側にとっては実情と合っていないネーミングになっている気がします。
 自分が本を持って行って代金を受け取り、ポスティングするとは想像しないと思う……。
 まあ今回も参加要項とかに流れがちゃんと書いてあるんですが、読んでないんだなっていう方はちらほら見受けられました。
 みなさんお忙しい中で本作って参加してらっしゃるので「要項読まないやつが悪い」だけでは済ますのはよくない……と思います。
 慣れてる人間が初参加の方をサポートできればいいんですけどね。

・二次創作うんぬんの方のカタログなどを拝見したのですが、率直に言って、買い手としての立場から見た場合に買わない条件が揃いすぎていました(ごめんなさい)。
 その逆をやれば、初参加でもそこそこ売れるのではという気がします。
 簡単に言えば、テキレボアンソロを(早めに)出し、ツイッタの流れに乗り、企画に参加し、持ち込む本は数百円で買えるA5~文庫にするということですかね。
(でもテキレボは売上以外の楽しさが大きいイベントだと思うんだ)

・あと自分が参加する前から大好きなイベントをけなす人のことを歓迎するのは実に難しいという当たり前の事実……。


■今後の予定
 次回のイベント参加は、11/25の文フリ東京に個人サークル「Our York Bar」として申込済です。
 個人としてはサークル初出展です。
 ボケっとしている間に先着枠からは漏れてしまったので現時点で参加確定はしていませんが、まあたぶん大丈夫じゃないかなと思っています。
 その他、全国各地のイベントで『美形点睛』や個人誌を委託させていただくべく目下調整中です。

 また、宮田秩早さん主催『吸血鬼作品集 第三集 viaggio notturno』にお声がけをいただいております。
 明治時代、日露戦争の戦後処理を不服として起こった日比谷焼き討ち事件を題材にしようかなーと思っております。
 はじめての吸血鬼モノ、はじめての歴史FTでどうなることやらですが、精一杯頑張ります。
 こちらは来年1月の文フリ京都でお目見え予定です。テキレボ8にも委託参加されるとのことですのでどうぞお楽しみに。

 次回2019/3/21(木祝)のテキレボ8にも、空想工房として参加する予定です。
 個人誌の新刊は、今回配布した無配横長本「ムーンライト・ミンストレル」の本編です。
(略してムーミンと呼んでいます)
「戦場の女神」シトリューカが帝国との戦に敗れ、冷酷な帝国の将シャルルに嫁がされる愛憎劇で、昼メロ×ハイファンタジー×群像劇みたいなお話になる予定です。
(ざんねんながらまたもや死人はいっぱい出ます。)
 装画はかねてよりお世話になっている鉄子さんにお願いしています。柔らかな筆致ながらも、キャラクタの表情を鋭く描き出す鉄子さんが、どんな風にわたしのキャラクターを描いてくださるのか、いまから楽しみです。
 カケラvol.04はあるかな? どうかな?
 余裕があれば現代FTもなにか書きたいですが仕事の繁忙期と重なるから難しいかな。

 あとは来年7月、文フリ札幌への遠征をもくろんでいます。
『剣士と赤竜』『ムーンライト・ミンストレル』を札幌で売らねば。札幌のKaLさん鉄子さんファンにみていただきたいです。
(『剣士と赤竜』はもう在庫少なくなってるかもですが)

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2018'07'21(Sat)16:46 [ 即売会イベント ] . . TOP ▲
テキレボ7参加情報
前日になってしまいましたが、明日2018/7/16、浅草で開かれるテキレボ7に「空想工房」メンバーとして参加してきます。
テキレボ7についてはこちら

B-09・10は会場入って奥、見本誌棚のすぐ近くです。





個人のおしながき画像置いておきます。(あっ横長本入ってないな……)
作品内容については、webカタログをごらんください。(雑)
このほか、空想工房会誌「カケラ」にもそれぞれ短編小説を寄せておりますので、そちらもよろしくお願いいたします。

テキレボ7空想工房webカタログ

テキレボ7個人おしながき
クリックで原寸

事前取り置きは、管理するヒマがなかったのでやっておりません。すみません。
当日、「後で行くんで置いといて!」と直接言っていただけるぶんには大丈夫です。たぶん……。
私の個人誌で残部僅少なのは、「月の光はきこえなくても」(カクヨム転載済)と「剣士と赤竜おためしセット」です。

メンバーズのお仕事は開場前なので、それ以降は時間があるはず(と信じたい)。
お昼の12時~14時の間のどこかでお買い物に行きますが、それ以外は基本的に在席しております。

お買い物代行サービスご注文分にはすべて対応いたしました。
ご注文くださったみなさまありがとうございます!
『剣士と赤竜』『暁天の双星』をご注文いただいた方には、代行非対応となっておりました「ムーンライト・ミンストレル」の横長試し読み本を同梱させていただいております。よろしければごらんください。

あと「ほんのどこか」さんにも参加させていただいております。
「ほんのどこか」=100字以内の短い抜粋を見て、面白そうなご本を探すという企画です。
公式ページでは事前チェックもできますので、ぜひご覧になって、ついでに私の参加作を探してみてください。(2作あります)
※どれか分かってもネット上で言わないでくださいね!
「ほんのどこか」公式ページ


それでは、明日お会いできるのを楽しみにしておりまーす!\(^O^)/
2018'07'15(Sun)15:35 [ 即売会イベント ] . . TOP ▲
テキレボ6に参加してきました~
〆切を生やしまくったせいでブログを放置しまくってしまいました。

去る2017/10/28(土)、テキレボ6に空想工房のメンバーとして参加してまいりました。
長文ですので適当に読み飛ばしてやってくださいね……

【開場前】
10時のサークル設営時間ぐらいに到着できればいいかな、と思っていたのに遠足が楽しみな幼稚園児よろしくやたら早く目を覚ましてしまい、9時には浅草に到着しました。
銀座線の浅草駅ホームで暁天のコピー本を家に忘れてしまったと思い込み、心の臓が停止するかと思いました。
家人にLINE通話をかけて「浅草まで、いや新宿まででいいから持ってきて( ;∀;)!」と拝み倒したものの家に見つからず、超テンパりながらもう一度鞄の中身を改めたらちゃんとありました(笑)

アワ「いやーごめん、死ぬかと思ったわ……」
家人「本忘れたぐらいで人間は死なないよ」

そうは言いますが、氷上さんが睡眠時間を連日削って作ってくださった魂のラフ画拾遺集を忘れたら、申し訳なさすぎて銀座線の露になりたくなるでしょ……(大迷惑)

気を取り直して会場に着いたら、もうほとんど机や椅子のセッティングは終わっていて(ありがとうございます)、宅配搬入のお荷物を待つだけになっていました。
へええ、こんな感じで宅配搬入の荷物って届くんだなあー! と手を打つイベント初心者の私。
荷物運びは少しだけお手伝いできました。
たまたま運んだ中に三谷さんのとたまさんのお荷物があったので私の使命は果たした気がしました(早い)

セッティングや片付けが致命的に苦手な私は、seedsさんがいらっしゃるまで基本的にまごまごしていて、実に役に立ちませんでした。まごまご。すみません。
机上配置については、私が無計画に新刊と無配を生やしまくったせいでみっちりになってしまったな……と思っています。
seedsさんが撮影してくださった写真をお借りしてきました。
こんな感じです。↓
テキレボ6 当日配置


【売れ行き】
午前中はさほど出足が良くなく、このまま全然売れなかったらどうしようと少し不安になっていました。
が、午後になるとサークル参加者さんがお買い回りに出られて、ありがたいことにたくさんお手にとっていただけました。
いろいろとつたない応対をしてしまったと思うのですが、遊びに来てくださったみなさん良い方ばかりで本当に助かりました。ありがとうございます……!

暁天は分厚いのでちょっとずつ後ろから出していたのですが、バタバタしているうちにいつの間にか段ボールがすっからかんになっており、思わず「うそでしょ……?」と声が漏れました。
「つきこえ」も、4部も余部がついてこんなにどうしようと思っていたものの、終わってみれば意外と減っていました。今回で売り切れはしませんでしたが、次回のテキレボにもゴブガリMAPがあるなら参加できそうな数です。

ゴブガリMAPに参加させていただいた『時柴流星の変身』は、頒布分全てお買上げいただき、今回で終売となりました。
(「ゴブガリと聞いて」という方もいらっしゃって、本当に主催の天海さんに感謝です……!)
『剣士と赤竜』(「宿題」)はお知り合いの方に1冊だけ買っていただけましたが、単独で売るのは厳しいです。次回は長編が出るはずなので、今回刷った無配とセットでお試しとして100円で売りたいなと考えています。
無配掲載分は近々web転載します。

空想工房の会誌『カケラ』vol.02は今回ジャンルがミステリーだったので、ファンタジーの列ではなかなか売りにくいものだったかなと思いますが、ぼちぼち出てよかったです。
「アワノ作品が載ってるならジャンルがなんだろうと買うわ!」と言っていただけるような作者になりたいものですね。
ちなみに私が書いた「カタリナ」は20世紀初頭ヨーロッパ風の、架空の国のお話です。
「ミステリーとは……?」な仕上がりではありますが、登場人物のやり取りなどは結構気に入っているので、読んでいただけたら嬉しいです。
次回は11/23のコミティアで、seedsさんが参加されている「高千穂大学漫研OB有志会(I30b)」でお手にとっていただけるようです。
コミティアに行かれる方は、どうぞよろしくお願いします。

さて14時半ごろに、暁天は本当に完売してしまいました。
実は代行で総部数の三分の一近いご注文をいただき、もしかすると足りないのでは? と思ってはいました。
(個人的に、会場の売上はだいたい代行の2倍という感覚がありました)
増刷は間に合わないので、装画の氷上さん他数名の方々にお送りする献本分も頒布に回したのですが足りず、キズや汚れが目につく見本誌分まで旅立っていきました。
(お手に取っていただいた永坂さんと夕凪さん、ありがとうございました……!)
完売はもちろん嬉しかったのですが、あまり舞い上がった気分にはならず、むしろ自分の仕事ができてほっとした気分です。
めちゃくちゃ美しい表紙をつくっていただいたのに見向きもされなかったとしたら、よほど本文や告知方法がまずいということですから、そうならなくてよかったな、というのが率直なところです。
クリエイターというよりビジネスマン気質なんでしょうかね。
あとは中身が少しでもみなさんに気に入ってもらえるものであることを祈るばかりです。

当日会場でご用意ができなかった方、すみませんでした。
既に増刷分を発注しまして、今後11/23の文フリ東京や来年1/21の文フリ京都で「つきこえ」とともに個人委託で置いていただけることになっておりますので、お近くの方はお立ち寄りいただければと思います。

11/23 文フリ東京の個人委託先、D-13 「夢想叙事」さん(永坂暖日さん)のカタログはこちらです→
永坂さん、碧さんのご本のついでに見ていってやってください。
文フリ京都については、また改めてブログに告知しますね。
その後は未定ですが、次回のテキレボ7にも少しは持っていけるようにしたいです。

また、再版しないコピー本セットの内容については、カタログに書いた通りweb転載いたします。
「ギョニソ読み終わったよ〜」という声が聞こえてきたらやろうと思っています(適当)
そういえばみなさん実にナチュラルに「ギョニソ」と呼んでくださっててびっくりしました!
タイトル「に」入ってないのに!(笑)
私のツイートがきっかけだったんですが、もう忘れられていると思ってました。
(というか私が忘れてました)
親しんでいただきありがとうございます……!

【お買い物代行サービス】
今回、代行のシステムはとても分かりやすかったと思います。
前回はメンバーズで代行2時間入りましたが、その時よりスタッフさんやメンバーズさんの負担が減ったんじゃないかとお見受けしました。
自分でポスティングするシステム、お客さんの存在が感じられてすごく良かったです。
(実際は半分以上森村さんに手伝っていただきましたが……)

受注数がある程度多くなると、当日売れ行きを見てから代行可能数を判断するのは難しく、結果的に確実に売れる代行を優先しやすい傾向にあったのではと思います。
今回暁天は代行受注がギリギリ総部数の三分の一以下だったので、全数ご用意いたしました。
代行注文をされる方は、どうしても会場に来られない方、しかも700円の手数料を払っても欲しい方だと思うので、私としましては今後も代行の方へは全数行きわたるようにしたいですが、対策が「多めに刷る」というリスキーなものしか思い浮かばないのがしんどいところですね……。
(こんなに発注していただくの今回限りかもしれないですが)

いち参加者としては、「代行も直参も全員に行きわたるようにするために多めに印刷すべし!」みたいな流れは作りたくないです。
いつだって同人誌は刷りたい数だけ刷るもので、求められる数だけ用意する義務はないということを忘れないようにしたいです。
求められたら刷りたくなるのは、また別の話ですけどね!

【お買い物】
今回はおつかいを頼まれていたここドラを除き、売り切れてもしかたないと思っていました。
実際いくつか完売していて買えなかったのですが、できるだけブースでお客さんにお会いすることを優先したのでやむなしと思っています。
積読すごいしな! 引越し前だしな! 買い控えないとな!
と言いながら空になった暁天の段ボールがいっぱいになるほど買いました。(想定内)
委託待ちの間にもふらふらと目に留まった本を買う始末。
空想工房の伊崎さんに「買いすぎ!」(半年ぶり2回目)とのお言葉をいただきました。
何円使ったかなんて、ゴリラに聞くだけむだというものです。
それでもなお買い忘れがあるという……欲望は留まるところを知らない……

今回テキレボアンソロまとめの後半ができなかったので、好きですの気持ちはなるべく言葉とお財布でお伝えしました(笑)

そういえば、昔五百円玉貯金をしてたやつを使って買い物してたので、自販機とかで使えない旧五百円玉が入ってるかもしれません……すみません……どっかで使ってください……

【嬉しかったこと】
たくさん売れたとか差し入れいっぱいもらったv(^o^)vとかいった現金なよろこびもありますが、今回強く印象に残ったのはそういうのとはちょっと違ったところでした。

空想工房は『カケラ』vol.02で「堂々巡りスタンプラリー」に巡られ堂として参加させていただきました。これは私が書いた「カタリナ」に、「堂々巡りしている」という言葉がたまたま出てきたことに気づいたためで、それが試練(クイズ)の答えにもなっておりました。
巡られ堂になったおかげで、普段なら空想工房には寄らない(たぶん)方にもたくさん来ていただき、印として変なシールを授け、ちらりと『カケラ』の目次を見ていただきました。
たぶん直接売上に繋がりはしなかったと思うのですが、楽しみを提供する側として参加させていただけたことがとても嬉しかったです。
書き手としては、自分と似た嗜好を持った方に楽しみを提供するのが精一杯で、それはもちろん大変に光栄なことです。
でも今回は堂々巡りスタンプラリーを通じて、好みの違う方にも楽しんでいただける一助になれたのかなと思います。
主催の七歩さん、本当に素敵な企画をありがとうございました!

そしてもうひとつ嬉しかったこと!
かねてからブクログを通じてお知り合いだったサイダネさんがお客さんとして来てくださったのです〜〜!
感無量……( ;∀;)
スパムに乗っ取られレイバンのサングラス勧めるbotになった挙句、アカウント凍結の憂き目に遭った(笑えない)あの頃はまさか直接お会いできるとは思いませんでした……!
私の本以外もたくさんお買い上げされたようで、戦利品の感想ブログを立ち上げてくださいました。
直接面識のない作者さんに感想を送りつけるのも……ということで特にタグやリプライ形式にはなさっていませんので、ここでそっと宣伝させていただきます。( @saidane_819

文字書き中心でない創作クラスタさんにもテキレボに興味を持っていただき、お忙しい中、また天気も良くない中で足を運んでくださったり、代行頼んだとおっしゃっているのを拝見するのも本当に嬉しかったです。
私以外の方のご本も買っていらっしゃるのを見ると心がほくほくします。もちろん私目当てで来てくださっているわけではないのですが、なんというかこう……輪が広がってる感じが!
私もテキレボ3で呉葉さんやseedsさんに釣られて、会場に足を踏み入れたことを思い出します。
その先は沼でした。
「本作るの大変そう」「web公開で十分」「締切に追われたくない」と言っていた私が現在ではこのザマ……仕上がりです……\(^o^)/

【切なかったこと】
空想工房、ジャンケン弱い〜( ;∀;)
今回も閉会後のジャンケン大会でまったく勝てないわれわれ……
我こそはジャンケン猛者という新メンバーがほしいですね……(笑)

あと〆切生やしすぎていっぱい映画見逃しました!!( ;∀;)


打ち上げやアフターなども楽しかったのですがいい加減長くなってきたので割愛します。。。
テキレボ6にかかわったすべての皆さま、ありがとうございました!
次回もまた参加したいです~!!
2017'11'01(Wed)23:30 [ 即売会イベント ] . . TOP ▲
好きすぎたテキレボアンソロ「祭」まとめ 前編~その前にいったんコマーシャルです~
テキレボ5につづき今回も勝手にやります(`・ω・´)……の前に!

======いったん商魂たくましいCM入ります======

新刊『暁天の双星』の試し読みをカクヨムにアップしました。
テキレボアンソロにて公開された「序章 ターミ・ポアットによる回想」及び、第一章「鶏声」を公開しています。
こちらもよろしくお願いします!

======以上、商魂たくましいCMでした~======

……どうも失礼いたしました。
こちらは私の非常に偏った趣味によるピックアップですので、入ってようが入ってまいがあまり気にしないでください。
私のお買い物メモというより、アンソロ単体で「好き!」と思ったお話を選びました。
忙しくて全部は読めないぜっていう方にゴリゴリお勧めしたい全13本となっております。
(あっ私のも読んでください……ほんと、お暇だったらでいいんで……笑)

前編8/17(木)公開分までが対象です。
なお前回に引き続き大好きで、Twitterで相互フォローさせていただいている作者さんのお話は分けました。
お名前からのリンクはWebカタログ、タイトルからはアンソロ本文に飛べます。
部門ごとに公開順です。

【ファンです部門】5作品

凪野基さん「三.二秒のブランク
読了後の最初の感想は前回と同じ……「ほ、本当に4000字?」でした(笑)
世界観も心情もしっかり丁寧に描写されていてSFもこわくない……!

小田島静流さん「星祭
われらが空想工房の主宰( *´艸`)(主催かな? どっちだろう?)
大好きな垂れ耳エルフのお話! 新刊も楽しみです。

永坂暖日さん「祭りの外
ああ~ハルダーもえ。。。(*´Д`*)
ここでは平和なお話ですが、ドイヒーらしい本編も気になる……。

孤伏澤つたゐさん「マッコウクジラ
つたゐさんならではの奥深いお話。
(これはもしや噂のマッコウクジラ×ダイオウイカ……!?)
でも親しみやすくて面白く、知的好奇心がくすぐられます!

夕凪悠弥さん「浴衣と迷子と友だちと。
女子かわいい。妹かわいい。(真理)もちろん、お兄ちゃんもイイ。
SFな世界観でのお祭りもとっても楽しいです。

続きまして今回ぐっと来た【ワッショイ部門】(なんだそりゃ?)8作品です~
(畳みます)


>> ReadMore
2017'08'18(Fri)19:01 [ 即売会イベント ] . . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。