Our York Bar  
03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
庭田悠甫×鈴木梢 第二回公演「俺がいるだろ」&鈴木梢『文梢17 空間』の感想
去る4月23日、Twitterで相互フォローしていただいている鈴木梢さん(@SyKaku)のお芝居を観るべく高円寺まで行ってまいりました。
(ホームページはこちらです)
その際に鈴木さんの詩を集めた冊子『文梢17 空間』も配布されておりまして、そちらの感想も併せて書きますので、当記事のカテゴリは「同人誌の感想」になっております。

私は創作のほかに映画も好きで(2015年末に突然好きになったので、以前の映画は詳しくないんですが)、ありがたいことにTwitterには映画つながりの相互フォロワーさんもいらっしゃいます。
SNSでの交流が苦手なわけではないのですが、私の映画経験値がめっちゃ低いのでお相手していただくのが申し訳ないような気がして、こっそり栗やうなぎを持ってくるごんぎつねのごとく、イイネとRTを飛ばしているだけでリプはできないことのほうが多いです。(それラストで射殺されるやつだな?)

鈴木さんもそういった相互フォロワーさんのお一人で、映画関係のライターさんをなさっていて、映画にお詳しいだけでなく名だたるスターにインタビューされたりなさっていて(!)長いことごんぎつねしていたわけですが、文筆活動や演劇もなさっている方と知り、機会があったらお芝居拝見したいなあと思っておりました。
そしてこの度それが叶ったわけです。
(その節はお席の確保ありがとうございました!)

私自身の演劇経験はというと、小学校の学芸会と、中学校の演劇部のお手伝いくらいしかありません。
ですので何かおかしな感想を書いているかもしれませんが、ご笑覧いただけましたら幸いです。
(この辺で一旦畳みます)
>> ReadMore
スポンサーサイト
2017'04'29(Sat)17:01 [ 同人誌の感想 ] . . TOP ▲