Our York Bar  
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
とても久しぶりの更新です
下でバトン1つ回答しております!
アシュリオの恥ずかしかった話を外伝として書けたらいいなぁとか妄想がふくらんでました。


で、地味にサイトを更新しております。
ブログで小出しにしていたヘヴンズ・セヴン本編小説の第2章「旅立ち」をあげました。
よろしければどうぞ。

以下今回の更新にまつわる若干マジメな創作話。


作者としてはこの章の4ページ目を読み返すたびにいつも悲しい気分になるのですが、
この気持ちを読者の皆様に伝える力量が全然足りてないなぁ……としょんぼりする次第です。

それでも、そのときそのときの全力を尽くしてがんばって書いたはずだ、と思っていたのだけど、
アンソロの原稿を書かせていただいて、二次創作だし本になるものだし
いつもよりずっと集中して真剣に書いてたんですが、
そうするといろんな表現とか、自分が思ってるよりも書けるもんだなぁとか思ったり。

それは嬉しい発見である反面、自分の創作について、その気になればもっと書けるのに、
楽をしていたような気がしてきたりなんかして。
後で自分が見直してヘタだなぁと思うのは進歩した証拠だとかよく言うけど、
それでも本当に全力を尽くしたものには満足感があると思う、のに、それがいまいち見つからない。
ここは何度見直してもこれ以上には書けない! っていうところにたどり着きたいです。
もっと集中して書かなければ。

そんなことを思ったのでした。

スポンサーサイト

2011'04'17(Sun)20:36 [ 創作日記 ] . . TOP ▲