Our York Bar  
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
ムーンライト・ミンストレル/第1夜「兜の下にうつくしい女神」2
今週の1本目は先週落とした(笑)ムーミンです!


このブログ、いつも本編かバトンしか載ってないので、
たまには日常の出来事の話でもしてみますよ。
ムーミンといいヘヴンズ・セヴンといい、私の書く話にはどうも合戦が多いので、
参考文献(?)に「孫子」を買ってきました。
孫子兵法の孫子です。
ちゃんと日本語訳と解説も付いてるやつを買ったに決まっています。
あと政治的な駆け引きとかも学べたらいいなぁとか思ったりして。

私が講談社学芸文庫を買ったのは実に6年ぶりぐらいです。
高いんだよね……たいして厚くもないのだけど1000円した。
1000円で孫子を教えてもらえると思えば相当安いのだろうけど、
問題は私がこれを詠みきれるのかどうかということです(笑)

今までは読んだことのある歴史小説とかの知識と想像でぼんやり描いていたところを、
もうちょっとはっきり書けるようになりたいのー。


で、今読んでる途中なのは川端康成の「名人」です。
死にいく囲碁の名人の話。これはとてもすばらしい。
囲碁の打ち方も戦いのシーンを書くのに勉強になる気がします。
だからってこれを読んでいるわけじゃないのですが。

わたしは囲碁のルールくらいは分かっていますがとんでもなく弱いです。。。


それではムーミンは続きからどうぞ!

2.

 丸いレンズの視界に、退却の狼煙が上がるのが見えた。
 ボンサンジェリー軍は、山上の陣地と、計略にかかってしまった先鋒部隊と、この戦いの勝利とをすべて放棄して、撤退を始めた。
 雑木林の陰に潜み、遠眼鏡で敵陣を見つめていた斥候が、本陣へ駆け出す。一見獣道のようでいて、きちんと歩きやすく作られたこの山肌沿いの細道を。ボンサンジェリーの本陣に隣り合った、高く険しい山に彼は潜んでいた。この土地にかなり詳しい人間でなければ、こんなところに道があろうとは想像だにせぬだろう。レアゼン砦の守備部隊が、敵情視察に使うにはうってつけの道筋である。
 とはいえ、この道は、戦の為に作られたものではない。レアゼン鉱山の、離れた坑道と坑道を繋ぐ近道として、坑夫達が長年踏み固めてきたものだ。その証に、道の先にはかつての銀坑道への入り口がぽっかりと開いている。
先に言ったように、レアゼン銀山は度重なる外寇に晒され、現在は閉山となっている。つまり、採掘作業をする坑夫がここからいなくなって久しいわけだが、坑道の奥からはなぜだかうっすらと灯りがこぼれていた。
「敵方、ボンサンジェリー軍、退却を開始しました!」
 坑道に飛び込むや否や、斥候は叫んだ。そう、彼は自陣に帰還したのだ。ボンサンジェリー軍を迎え撃つゼアテマ軍の別働隊は、銀鉱山の薄暗い洞穴を入ってすぐにある詰所跡で待機していた。ここはかつて大勢の坑夫が休憩をする為に整備された場所で、数十人が寝泊りできるくらいの広さがある。斥候が戻ったのは、別働隊全体の指揮を執る、本隊の陣である。このような小部隊を、ゼアテマ軍は敵陣の北側の坑道の中にいくつも伏せさせていた。
「本当か。確かに確認したのだな?」
 副将が立ち上がった。斥候は頷く。彼は確かに見ていた。ボンサンジェリー軍の灯した松明の火が行列となって、レアゼン山上から南東へと下っていった。その火の動きは緩慢な蛇のようで、これから戦をする軍の有様とは到底思えなかった、と斥候は自らの感想を交えつつ語った。
「南東の行路からレアゼンを攻める迂回路は存在しません。ボンサンジェリー本国への退路以外には取り得ない進路です。将軍」
 副将が、兵士たち全員が、将軍と呼ばれた人物のほうを仰ぎ見た。
 だが、彼らの視線の先には、いかめしい鎧兜をまとった筋骨隆々の武辺者はいない。怜悧冷徹な、薄ら髭の策謀家もいない。そこにはただ、白銀の鎧を纏った乙女がひとりいるだけだった。絹糸のような美しい髪と、白く艶やかな肌と、きらきらと潤んだ大きな瞳。その乙女は、ほの暗い洞穴の明かりの中でも、自ら光を放つかのように眩しい美しさを持っていた。
 乙女は立ち上がり、微笑みながら言った。
「火薬番に伝えて。青色の花火を上げてください、と」
 次々と歓声が上がった。乙女の発した言葉は、兵士たちにとって勝利の宣言と同じ意味だからだった。
 斥候は再び走る。この坑道は入口と反対方向に進むと、火薬番の詰める高台へと繋がっている。乙女たちが穴の外に出ると、ほどなく、青い花火が次々に上がった。その度に、夜の闇が明るく瞬いて、兵士たちから感嘆の声が漏れた。他の坑道で待機していた部隊も、これで作戦の成功を知るだろう。
「今回も、見事な策でした。しかし、敵が北側に迂回して攻めてこなくてよかった」
 副将が、兜を取って乙女に話しかけた。金髪の青年が、ほっとしたような表情で空を見上げる。彼の名はミゼルといった。
「北は、本当はがら空きでしたからね。ちょっと危ない賭けだったわね」
 彼女の名前は、シトリューカという。まだこのとき弱冠十七歳であった。なんとこのシトリューカこそが、今回の作戦の発案者であり、ゼアテマの別働隊を率いていた将軍なのであった。副将ミゼルもまだ三十路に差し掛かってはいないが、シトリューカはいっそう若く、しかも美しかった。
「でも、ボンサンジェリーのイハール皇太子殿下は、慎重で聡明な方として聞こえた御方。二つしかない進軍路の一つが罠によって断たれれば、もう一方にはさらに大きな罠が仕掛けてある――と、勝手に思い込んでくださるだろう、と思ったの」
 それが、シトリューカの作戦だった。万が一ボンサンジェリーが北の迂回路を取って攻めて来ても、神出鬼没の如く伏兵が現れて、その脇腹を突く構えだった。
「ええ、将軍の読み通りでした。我々の本隊には、あの大軍を前にして、北側にまで兵を裂く余裕がなかった。あなたの策は本当にお見事でした」
「『将軍』はよしてください。今日のところは、もう戦いは終わったのですから」
「これは失礼しました。では、シトリューカ様」
 シトリューカは空を見上げた。夜空に、大輪の青い花が次々と咲いては煌いて消えていく。
「いつ見ても、この青い花火は美しいものですね」
「ええ。でも、こんな戦争の為でなくて、お祭りか何かで見たいわ」
「まったくです」
「あなたもお疲れ様でした、ミゼル」
「いいえ、またもゼアテマのことで、サン=セヴァチェリンにご迷惑をおかけしてしまって、申し訳ないと思っております」
「ミゼル、それは言わない約束ですよ。私はいずれ、ゼアテマに嫁ぐ身。ゼアテマの為に戦うのは、私の意志なのだから」
 はっきりと言い切るシトリューカの横顔は、地上の人とは思えないほどに凛として美しかった。まるで女神のようだ――何度も頭を過ぎる言葉を、ミゼルは決して口に出す事はない。シトリューカはそう呼ばれることが好きではないと、ミゼルは自らの主君から聞き知っていたからだ。
「そろそろ帰還いたしましょう。あなたのヨナディオ王子が砦でお待ちです」
 ヨナディオ、という名を聞くと、ふとシトリューカの表情が翳った。
「ええ。――ヨナディオは怪我をしていないかしら」
「ご安心ください。斥候の報告によると、王子は今回も無傷だそうです」
「そう。よかった……。月神よ、感謝致します」
 乙女は短い祈りを捧げると、ミゼルと共に兵をまとめ、麓のレアゼン砦へ帰還した。
 シトリューカ・サン=セヴァチェリン。この可憐な美少女こそが、これから語られる歌物語の主人公である。
 彼女はゼアテマの隣国、サン=セヴァチェリンの王女にして、ゼアテマに勝利をもたらす「戦場の女神」と讃えられていた。

スポンサーサイト

2011'06'21(Tue)22:36 [ 本編/ムーンライト・ミンストレル ] . . TOP ▲
    


     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。