Our York Bar

好きな本30冊

早速先週更新した2本の本編を修正するはめになりました。。。
突貫工事イクナイ!
うっかりものなので、言葉の前後を入れ替えたりするとよく言葉がまるっと抜けてたりします。。。
もし読んで下さった方いらっしゃったらすみません。

週2本の本編更新は一旦終了します。
理由はただ単にしんどいから……(笑)
今週からも、最低1本は更新するつもりではおります。


で、続きからはふと思いついた
「好きな本30冊」です。こないだの「好きな本曲30曲」の本バージョン。
バトンでもなんでもありません。
全部日本人・文庫・同じ作家を2回言わない・全部フィクションな縛りでいってみます。
上下巻も1冊とします。
1.夏目漱石『こころ』
 ベタだけど不朽の名作。
 読むと永遠の謎にとりつかれる。

2.伊坂幸太郎『ラッシュライフ』
 もうこれすごいよー。すごいよー。
 伊坂さんは『重力ピエロ』と『死神の精度』もとても好き。

3.上橋菜穂子『闇の守り人』
 まだ全部読み終わってない守り人シリーズですが。。。
 二作目のこちらが今のところいちばんです。ジグロー!

4.芥川龍之介『羅生門・鼻』
 短編集だった。表題二作に加え『芋粥』も好き。

5.荻原規子『空色勾玉』
 勾玉三部作はどれも大好き。
 とにかく科戸王が好きです……せつない! イケメン!

6.小野不由美『風の海 迷宮の岸』
 こちらも全然読み進んでない十二国記。
 やっぱり二作目が好きなのか私。名シーンてんこもりだよ。

7.尾崎紅葉『金色夜叉』
 昔の大衆文学が好きです。すっげえいいところで、未完。
 なんで死んでしまったの、紅葉。

8.菊池寛『真珠夫人』
 昔の大衆文学その2。卒論のテーマ。
 駄作だと思うけど個人的に思い入れはある。『貞操問答』も好き。

9.徳富蘆花『不如帰』
 これも上と同じ流れで好きな話。千々石がいいキャラだったんだけどなぁ。
 二度と女なんぞに生まれはしませんよ。 

10.京極夏彦『嗤う伊右衛門』
 とてもすばらしい。
 感動するのに泣くに泣けない。

11.安部公房『R62号の発明・鉛の卵』
 『砂の女』を読んだことがないのだった……。

12.川端康成『名人』
 読みたてほやほや。囲碁の名人のおはなし。
 『伊豆の踊子』も『雪国』も読んだことが(ry

13.平野啓一郎『葬送』
 ショパンまんせーすぎて周りの人が若干かわいそうだけど
 書くのもたいへんなら読むのもたいへんなスゴイ小説。

14.太宰治『人間失格』
 生まれてすいませんってどこにも書いてなくてすいません。
 って謝ってほしい(笑)

14.森博嗣『すべてがFになる』
 犀川と、なんといっても四季がいい。萌絵はちょっとアレやけど。
 トリックも大胆でよかった。

15.打海文三『僕が愛したゴウスト』
 なんとも表現しがたいけどこの人の書く小説は好きだ。
 亡くなってとても残念。

16.森絵都『カラフル』
 ネタはバレバレだけどとてもいい小説。
 お兄ちゃんが怒るとこマジ泣ける。

17.竹山道雄『ビルマの竪琴』
 『埴生の宿』の美しいメロディーとあいまって、より味わい深い話に。
 非現実的かもしれないけど好きだ。

18.梨木香歩『家守綺譚』
 明治っぽい雰囲気で書かれててとてもいい。
 『村田エフェンディ滞土録』もあわせてどうぞ。

19.黒岩重吾『中大兄皇子伝』
 鎌足がいけてる。重厚!

20.谷崎潤一郎『春琴抄』
 美しい日本語の前に、句読点など、不要。

21.菅浩江『永遠の森――博物館惑星』
 短編集ってあんまりなのだけど、これはラストシーン超感動する。
 今まで読んだSF部門ではベストかもしれん。

22.中島敦『李陵・山月記』
 ご存知トラトラトラ!
 ごめんぶっちゃけ『李陵』ってどんな話だったっけ(笑)

23.辻原登『枯葉の中の青い炎』
 小説ってこんなに自由で無限なんだと教えてくれた。
 中島敦も出てくるよ。

24.天童荒太『悼む人』
 これ直木賞か……。
 直木賞が軽すぎるぐらい真摯。

25.飯島和一『始祖鳥記』
 渋い歴史小説だけどこれはすごい。激熱。
 塩。塩ですよ。

26.柳広司『新世界』
 原爆の開発をしていたロスアラモスで殺人事件が起こるお話。すごい読後感。
 最後の一文ヤバイ。新しい世界……。

27.佐藤友哉『1000の小説とバックベアード』
 なんだかんだ言いながらこの作家が好きなのかもしれない、とおもう。
 きっと小説が書きたくなる。

28.紅玉いづき『ミミズクと夜の王』
 この人はきっとすごい作家になる……と勝手に応援しています。
 まだまだつたないと思うけど、とてもいい作品。

29.山本周五郎『さぶ』
 受験の前日だというのに読みふけっていた懐かしの本……。

30.辻仁成『海峡の光』
 現代版『こころ』みたいだな、と思った。
 これもすごく謎めいてて好き。




以上でした!
おひまな方はやってみてください。
スポンサーサイト

Top

HOME

Author:Our York Bar
創作復活ちう。

QRコード