Our York Bar  
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
#指定されたキャラとかcpについてひたすら語る  メルビム&フィチエの巻
タイトルはツイッターのタグです。
フォロワーさんにお題をリプライで飛ばしていただくというヤツ。
ちょっと長くなりそうなのとオンタイムで投げられなさそうなのでこっちで!

お題は咲さんより頂いた「メルフィチ」(メルビムとフィチエ)です。

これは「スティグマータ」というサイト未公開のキャラクターで、
11月の東京オフと12月の愛媛タイマンオフでお渡しした厨二資料と、
あとわずかにツイッターのbotとか、ちらっとらくがきをブログに載せた程度のキャラです。
なにぶんあまり練り込みが足りなくて、本編を書けるレベルではないのですが
紹介をふくめ続きから語り。


<ざっくり説明>

 舞台は、かつて魔法が存在していた世界。しかし過去の大戦により、世界中の魔力のバランスが崩れてしまう。
 大戦を生き残った魔道士と魔法科学者たちは総力を結集し、世界の魔力のバランスを保つ「神システム」を百年の歳月をかけて構築した。
 しかし魔力の乱れは大量のモンスターを生み、人間もまた長い歳月の間に変性し「天使」「スティグマータ」「妖精」という種族が誕生している。
 天使は神システムの指令を執行するための種族で、基本みんな冷淡。
 スティグマータは神のお告げが身体に傷として浮かび上がる以外はほぼ人間と変わらない種族です。

・メルビム(左)25歳
 あまりにも心優しすぎた天使。
 優秀な天使だったが、常々神システムの冷酷さ、無慈悲さに疑問を感じていた。神システムの指令「翡翠のスティグマータ(フィチエ)を殺せ」に逆らい、メルビムは逆にフィチエを救い出したことで、歴史上初めての堕天使となった。堕天使の誕生は不測の事態だったため、神システムそのものを大きく狂わせ、世界を混沌に導く存在となってしまう。フィチエを守るための戦いは、やがて神システムそのものへの叛旗へと変わっていく。

・フィチエ(右)14歳
 神システム絶対至上主義を唱える聖隷ギムシナ帝国の少女皇帝。
 驚くほど聡明だが冷酷な性格。あらゆる犯罪が横行する国内を統治するために強硬な武断政治を行い、多くの国民から憎まれていた。
 ある日世界を滅ぼすとされる「翡翠のスティグマータ」の証が右乳房の傷として浮かび上がる。フィチエはこれを隠していたが側近の裏切りによって発覚し処刑されそうになる。
 そこへ、メルビムが現れてフィチエを連れて逃げ出し、以降人間にも天使にも負われる存在になってしまう。


 メルビム   フィチエ


<語り>

 まず前提として、天使に性別はありません。堕天使になっても同じなので、メルビムは無性体です。
 ただ、天使は神システムによって人間の心情を理解する機能としての感情を与えられているので、恋愛感情を持つ事も不可能ではありません。それが性欲に繋がらないので、そういう意味では人間ほかの種族よりも清らかな恋ができるともいえます。

 フィチエは国民および臣下にとっては残酷な少女皇帝ではありますが、統治とは関係ない存在――たとえば草花とか鳥獣とか――にまで冷たいわけではありません。たとえば目の前にかわいい犬猫がいれば撫でたくなるしキレイな花が咲いていたら嬉しいというような、普通の感受性を持っています。
 普段の冷酷なフィチエは、皇帝という立場上、それに相応しい振る舞いを無意識のうちに自らに命じているにすぎません。
 が、フィチエにはその自覚がなく、自分はもともとそういう人間なのだと信じ込んでいます。

 しかしメルビムはごくたまに見せるフィチエの普通の女の子らしい一面を、偶然に見かけたことがあって知っていました。その少女を殺せという指令に、心優しいメルビムはどうしても従えませんでした。
 
 前置きが長くなってしまいましたが……
 メルビムが神システムに逆らってまでフィチエを助けた理由は本人にもはっきりしないところがありますが、道義心というか、大雑把に言えば「優しさ」からであって、要するにフィチエに対して恋心を自覚していたからではありません。


 フィチエはメルビムがなぜ自分を救ったのか理解できず釈然としないまま行動をともにしています。その釈然としない気持ちが既に恋心だとする見方もできるかもしれません。しかしフィチエにはその自覚はありません。むしろメルビムは普段少しはっきりしない優柔不断なところがあるので、そういうところが気に入らないと思っています。まあそもそも恋とは何ぞやというぐらい、フィチエは無知で鈍感で、ある意味純粋です。自分が恋に落ちたという自覚を得るのには結構な時間を要するでしょう。相手がメルビムだとは限りませんが(未定)。

 メルビムのほうでは、フィチエの事はただただ大切に思っていますが、どちらかというと保護者的な心境なので、これまた恋の自覚はありません。フィチエよりも9歳も年上なので、子供のように思っています。(ただフィチエのほうではあまり年齢を意識してはいないようです。)
 メルビムも性別のない天使たちの中で生きてきたので、彼もまた恋愛には疎いというか、何も経験したことのない子供とさして変わりません。



 ……ううん話がまとまらなくなってきた。
 近いものを探すと「心配性のお父さんと反抗期の娘」みたいなものかな! 家族に近いような。
 でもハタから見てるとオマエらどう見ても両想いだろ! に見える、ていうそんなアレ。
 本編でこの二人が恋に発展するのかどうかははてしなく謎です!!
 いつ本編が公開されるのかもはてしなく謎です!!



 お粗末様でした。(強引に終わらせる)

スポンサーサイト

2012'01'21(Sat)18:03 [ Twitterまとめ ] . . TOP ▲