Our York Bar  
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
ツイッターお題小説
ツイッターでやってたお題

阿波さんは『守護者、井戸、封印をテーマ・モチーフにした、主人公が軍人』の物語を書いてください。 bit.ly/raKkYB

……ということだったので、えいやっと書いてみるよ。
その他小説っていうジャンルに入れてしまったけど、ただの小話で小説って感じじゃないです。

続きから。

 昔々、ある王国にたいそうきまじめな兵士がいた。
 その兵士は少年のとき軍隊に入ってから十年余、どんな小さな軍律違反も起こしたことがない、模範兵であった。彼にとって、命令は絶対であった。どんな命令でも、二つ返事で引き受けた。

 兵士はあるとき、王城の裏山深くにある古井戸の警備を命じられた。
 外見は何の変哲もない、小さくて丸い井戸にすぎないが、城付きの学者によると、王国に伝わる神話に出てくるもので、なにか神秘的な力が封印されているものらしい。たいへん歴史的価値の高いものであるということだったが、彼にとってはどうでもよいことだった。
「この井戸には誰も近づけてはならない」という命令だけが、兵士にとって重要なことだった。
 兵士は毎日、たったひとりで井戸の傍らに立ち、何年も見張りを続けた。
 古井戸の底からは、今でも清らかな水が滾々と湧き出ていた。

 ある日、古井戸を守る兵士の前に、みすぼらしい男が現れた。
「喉が渇いて今にも死にそうじゃ、そこの井戸水をくれんか」と男は言った。
「ならぬ。この井戸には誰も近づけてはならぬ、との命令だ」兵士はにべもなく拒絶した。
「しかし、すぐに水を飲まねばわしは死んでしまう」男はたしかに、いまにも倒れそうであった。
「ならぬ」兵士の答えは同じだった。
 男は怒り狂った。
「なんと無体なことを言う。どうしてもそこをどかぬというのならば、力ずくじゃ」
 そうして最後の力を振り絞って兵士に飛びかかった。
 兵士は男を思い切り押し返した。しかし、その拍子に兵士は後ろに倒れ、まっさかさまに井戸の底へ落ちてしまった。


 ところで兵士が古井戸を守りはじめてから数年後、兵士の守っていた古井戸とはまったく別の場所にある井戸が、神話に登場する井戸だったことが分かっていた。
 だが誰もがあの古井戸のことと、その警備を命じられた兵士のことも忘れてしまっていた。
 さらに時代は変わり王国は滅び、古井戸にまつわる神話を知るものすらいなくなった。
 何百年も経ってから、ある考古学者が、土に埋もれていたあの古井戸の跡と、ぼろぼろに錆びた鉄兜をかぶった髑髏を偶然発掘した。
「これは素晴らしい! 歴史的大発見だ!」
 考古学者は髑髏を両手で高々と捧げ持った。
 かつて兵士の右目があった穴から、濁った水がぽちゃぽちゃと落ちた。


スポンサーサイト

2013'05'14(Tue)22:55 [ その他小説 ] . . TOP ▲