Our York Bar  
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
せいいっぱいだらだら
今日はせいいっぱいパズドラをやった。
楽しかった。


何をだらだらゲームをやっているんだ、
おっさん絵を怠けているぞ、と思われるかもしれないが
本来、怠けるとは、果たさなければならない責任を果たさない、
ぜひともやらなければならないことをやらない、ことのはずだ。
おっさん資料ができなくても、わたしがオフ会でおっさん資料を配布できず、
結果おっさんキャラを描いていただけないだけなので、
わたしが悲しいだけで別に誰も困らない。

よしんば「阿波さんのおっさん資料楽しみにしてたのにヒドイです」という
奇特な方がいらしたとしても、
傲慢な言い方になるかもしれないが、資料を作るか作らないかは私の勝手なので、
怠けているというのはやっぱり違う、ような気がする。


本編を書き進めるべきなのにゲームしてしまった、とか、
絵の練習をするべきなのにテレビを見ていたら時間が過ぎてしまった、とか、
こういう行動をわたしたちは「だらだらしてしまった」と名づけがちだ。
しかし、本当は、本編を書くよりゲームがしたかったのでしただけだし、
絵の練習はするべきだけどテレビが面白かったので見ただけ、
もしくは絵の練習をするべきだけど休みたかったので休んだだけだ。
本当は、自分のやりたいことをしっかりやっているのだ。

これに、「だらだらしてしまった」というマイナスイメージの言葉をひっつけてしまうと、
せっかくやりたいことをやったのに、後ろめたい気持ちばかり残り、満足感が得られない。
満足しないので、明日も同じことをやりたくなる。
そしてまた「だらだらした」と思ってしまう。
そればかりか「本編を書く」とか「絵の練習をする」とか、
本来目標としていて、しかも「やりたい」と思っていたはずのことが、
他のやりたいこと、「ゲーム」とか「テレビ」「休息」とかを、
邪魔するイヤなものになってしまい、どんどんやりたくなくなってしまう。


だから、「だらだらしてしまった」と言うのではなく、
「今日はせいいっぱい○○をして、楽しかった。」と言うようにしたい。
趣味の領域でやっている以上、何もやりたくないことをやる必要はないのだ。
他にやりたいことがあるならせいいっぱいやったらいい。
そうするとそれに一旦満足することができ、
明日はまた違うことがやってみたくなるんじゃないだろうか。



……とかモヨモヨ考えていたら、
洗濯をしていないことに気づいた。
ぎゃああああああ。今からやってきます。


※あっ、おっさん資料は間に合わせるつもりです。
 今のところ。
スポンサーサイト
2013'06'10(Mon)21:48 [ 普通の記事 ] . . TOP ▲