Our York Bar  
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
つまらない本との格闘
今日は絵を描こうとか本編やろうとかいろいろ思ったが
今読んでいるつまらない本を最後まで読みきろうというのが先決だった。。。

わたしはつまらない本も最後まで読みたい派です。
最後に面白いどんでん返しとかあったらどうしよう、とか、
読むのをやめたその次の一文が超グッとくる名文だったらどうしよう、とか
そんな事を思ってしまいます。

最後まで読んで結局ずっと面白くなくても、
何が面白くなかったか考えるのは結構楽しいものです。
気づいてなかった自分の考え方の偏りとか
こだわりとかそういうのに気づくこともあるし。


ちなみに今読んでいる本がつまらない理由で一番大きいのは

「ハードカバーで二段組」

これです(爆)


二段組が読みにくいのはたしかにそうですが、
それだけなら別にかまわないのです。
気になるのは、上下巻に分けたら売れなくなるからムリヤリぶっこんだ感があること。
売れ筋の作品に載せるためにいろいろ無茶をしている感じが漂っているのです。
中身とぜんぜん違う邦題。
中身とぜんぜん違うポップな表紙イラスト。
(仲間が目の前でコナゴナになるような小説です)


本なんて売れてナンボだとは思うけどなあ。
うーん。。。
スポンサーサイト
2013'06'13(Thu)23:18 [ 普通の記事 ] . . TOP ▲