Our York Bar  
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
好きすぎたテキレボアンソロまとめ 第一章「散財の予感」



大げさなタイトルですが(笑)↑これをやります。

ここに挙げたものはわたしが特に好きなお話なのでもちろんオススメしたいのですが、みなさまにおかれましてはお時間の許す限り多くの作品に目を通していただき、お気に入りの作家さんを発見していただきたいなと思います!(何目線なの……?)
(ついでに私のも明日公開なのでよろしくお願いします……)

時間の都合でここに挙げたのは10作のみ、雑な紹介文だけですがおゆるしください。
(第二章もできるといいな。)

続きからです。

だいたい公開順です。

ひなたまりさんの「山吹の姫」
奥州藤原氏に生まれた少年少女の切ない恋のお話。
源平あたりの日本史、知識はあまりありませんがけっこう好きです。
委託-34
カタログ

凪野基さんの「はなふるこよみ」
すでに二冊読ませていただいて(そしてたくさん積んでて……)
大好きなので、ここにわざわざ書かなくても忘れるわけないのですけど!
たしかな描写の中に、今回のお題「嘘」だけでなく過去のお題も全部つまっているという、はなれわざもすごいのであります。
スペース:C-12
カタログ

まるた曜子さんの「山鳩 ~まんが日本昔ばなし底本~」
ここにわざわざ書かなくても(以下略)
「山鳩」はたぶん既刊のお話とは少し違った雰囲気なのかな、と思うのですが、書き分けられるのがすごい……!
スペース:C-13
カタログ

夕凪悠弥さんの「終わりのそのときに」
あああこれは良いおさしょう……好き……(ノД`)・゜・。
「嘘」のテーマの使い方も面白いし、ほっこりの中にちょっとしんみりもあって、他の作品もぜひ読んでみたい!
スペース:F-21
カタログ

永坂暖日さんの「街のうつろにこだまする」
満員電車の中で読んでぞくっとした作品。
既刊も持っているのですが(積んでてすいません←また言う)新刊も楽しみです。
スペース:C-08
カタログ

土佐岡マキさんの「病と明かさぬ夕べ」
正しいどんでん返し? ミステリ? の使い方だなあと思いました。
これ単体でもすごく面白いですし、さらにこのお話の二人が登場するという新刊が気になって気になって!
スペース:F-09
カタログ

磯崎愛さんの「あにといもうと」
じんわり背徳的でえろくうつくしい文章でした……
このさきのお話『百花王』も気になります。
委託-09
カタログ

オカワダアキナさんの「飛ぶ蟹」
するっと読んでも気持ちいいけど、ちりばめられた言葉をかみしめる面白さもあって好き!
既刊もまるっとほしいですしおじコレも参加したいです。
スペース:D-10
カタログ

孤伏澤つたゐさんの「ゆめのむすめ」
ここにわざわざ書か(以下略)こちらは「ゆめのむすめ」本編からの抜粋とのこと。
とにかく幻想的で美しくて好き! すでに持ってる(積んでてすみま←そればっかり)ので読むのがたのしみ!
委託-11、個人委託スペースE-09
カタログ

海崎たまさんの「花葬」
あーーーすきだーーーーーー美しい……(ノД`)・゜・。
わたしは『それから』の三千代を思い出しましたが、ナギノさんがおっしゃった「たまさん流夢十夜」もなるほどまさに……
蜷川実花さんとかに映像化してほしいな……と勝手に妄想しました。
委託-38
カタログ

スポンサーサイト

2017'01'24(Tue)20:55 [ 即売会イベント ] . . TOP ▲
    


     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。