Our York Bar  
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
テキレボ5に参加してきました
去る4月1日、テキレボ5に空想工房のメンバーとして参加してきました。
以下、ざっとした記録です。


・テキレボ当日まで

サークル参加が決まったのは11月頭ぐらいだったかと思うのですが、テキレボアンソロは比較的早く出せてよかったです。
テキレボアンソロ「刺青」は、4000字でキャラと世界観の説明なんかできません、と開き直ってちょっと変わった構成の話を書いたので反応が心配でしたが、あたたかい感想をたくさんいただけて、元気が出ました。
(特に感想書いてなくても読んでくださった皆様ありがとうございます!)
すでに次回テーマは「祭」と発表されており、書く内容も決まっているのでもう少し早く出したいです。

会誌原稿(「初弟子」)を2016年中に提出し、テキレボアンソロを2017年始に提出した後は、「時柴流星の変身」の再録と、2ヶ月で「時柴兄弟の変心」「宿題」の短編2本合わせて25000字程度を新たに書いて表紙2件をペッペッと作っただけです。
すごくゆるゆるなスケジュールだったのに、ちょ古っ都さんを予約するのが遅かったので、10営業日コースがだいぶ埋まっていて慌てました。
今回はなんとか空いている日を見つけられましたが、次回もっと早く予定を立てたいところです。
原稿の作り方が分からなくて、seedsさん(小田島さん)には大変お世話になりました。その節はどうもありがとうございました……!

早く原稿が出来ると、他の方が書かれた御本の感想を書いたり、また先行レビューを書いていただいたり、自他の宣伝に時間を使えるのが良いなあと感じました。
ナギノさんとむしこさんに「剣士と赤竜」の先行レビューを、また『時柴流星の変身』におじコレ主催のオカワダアキナさんより「おじレビュー」をいただき、初頒布を前に話題にしていただけたのが大変ありがたかったです……!
逆に私のほうは、原稿が早く終わった割にはあんまり本が読めず、オススメ本の宣伝に大した貢献ができませんでした。
自分の本が売れるのは何よりですが、自分が好きな御本が売れるというのもまたものすごく楽しいことなので、次回はもう少し充実させたいです。


・テキレボ当日

まず、寝坊しました。
10時のサークル開場より少し早めに着くように出よう、と思ったのですが、結局10時ちょい過ぎの到着で、バタバタ「カケラ」の取り置き作業をしていたら一生懸命作った柴犬ふせんを貼り忘れました。終わってから気付いて地味にショックを受けました。
朝に弱いのは永遠の課題です。今後、加齢が解決してくれるかもしれませんが、その頃には別の身体的課題が同時多発的に発生しているような気がします。ふしぶしが痛いとか。すぐバテるとか。……とっくに発生していますが。

お買い物はゆっくり見て回って新しい出会い……なんて言っている暇がなかったので、事前にお買い物メモを準備しました。
伊崎さんに「ちょっと買いすぎかな(笑)」とのお言葉を頂きましたが、それでも相当買い忘れました。そもそもお買い物メモに入れ忘れてるっていうわたしクオリティ。
でもたくさん本が買えたので少しずつ読んで感想もお伝えできたらと思います。

何しろ人見知りなので、店番はイマイチうまくできませんでした。
ポスカ探してるっぽい方にはどうぞどうぞお気軽にとオススメしたのですが(seedsさんのを)、売上につながるようなおもしろトークはできませんでした(どんなんや)
「どどどどど、どぞう」「200円です……あっあっもうそこから取ってってくださいスイマセ……」みたいな感じで本当に失礼しました。
これまた今後の課題です。

メンバーズで参加した代行作業は思ったようにはかどらず、伊崎さんとお友達のカオスさんがいらっしゃるのをいいことにこっそり2コマ(2時間)続けてやってみました。
(伊崎さん、カオスさん、本当にお世話になりました……)
さすがに連続はキツかった! 頭が痛みだしたのでseedsさんにお薬をもらってしまいました。
次回もメンバーズ2コマいきたいのですが連続はアカンなと思いました。

ステージイベントの翻訳コンニャクはとても楽しかったです。
業平さんにかぶりつきみたいな位置にいましたが、「それ、やるよ」=I'll do it.を、It's all yours.と答えるというトンチンカンぶりで、「やる」をdoではなくgiveの意味に取ったんですね。「くれてやるよ」的な。
育ちの悪さが露呈しました。

「雪国」の冒頭を訳してみようというコーナーでも、英語以前に日本語の読解力に難ありの私は「夜の底が白くなった」の意味がそもそもよく分からず一語も訳せないまま終了しました。
逆にすごくないですか?(すごくない)

ジャンケン大会はseedsさんと揃ってあえなく瞬殺されました。
公式打ち上げは人妻おっさん四人組卓でした。
どこをとっても書けることがろくにない話ばかりしていました。


・数字について

頒布数を書くのは気が進まないので、個人誌の残部数をお教えします。
(見本誌用2部を除いた部数です)

 時柴流星の変身:残7
 剣士と赤竜「宿題」:残9
(ちなみに元の部数は「宿題」のほうが若干多いです)

どちらも10部を切りました。
1冊でも売れてくれれば、という気持ちでしたが思ったよりたくさん旅立っていったのでびっくりしました。
先行レビューのおかげですね。本当にありがとうございます……!!
しかし、「カケラ」を買わずに「宿題」だけ買って行かれる方もちらほらといらっしゃって、少し不安もあります。
単独で読めなくもないのですが、一応「カケラ」に載っている「初弟子」の続編として作った本なので……。
カタログや見本誌にしつこく「続編です」と書きはしましたが、ブースでも説明をもっとちゃんとするべきでした。
「カケラ」は通販ございますので、よかったらそちらも買ってください……。

私が不精者なので、個人誌の通販はいまのところ未定です。
相互フォロワーさんならDMいただければ対応します。
もしも欲しいという声が聞こえたらなんとかしますのでセイサムシング。
(習いたての英語を適当に使う)


・次回イベント参加予定

10月28日のテキレボ6にも空想工房として参加したいです。
個人誌の新刊は、死人が出がちな東洋風異世界ファンタジー、そこそこ長めを予定しております。
そういうわけで私は〆切の国に引き続き逗留します。
カケラの第2号も出るのかな?
まだ何も決まっていませんが、決まり次第お知らせしますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2017'04'06(Thu)00:27 [ 即売会イベント ] . . TOP ▲