Our York Bar  
06≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
【読了報告】青波零也『霧世界報告』
青波零也さんの『霧世界報告』を読みました。
コミティア122の戦利品です。

空と海の区別なく、霧に包まれた世界に生きる人々を描いた掌編集です。
”The Misty Miniascape Report”という英語題の通り、霧世界は箱庭的世界といえます。
収録された全20編は、翅翼艇(エリトラ)を駆るゲイルたち霧航士(ミストノート)の物語と、幽霊船に漂着した少女コルネリアと船長の物語、どうやら私たちと同じ世界から迷い込んでしまったらしい女子高生アヤと魔法使いシロさんの物語の3つに大別されます。

私にとって、このご本の感想を書くのはとても難しいのです……
なにしろ性癖を刺されすぎました。メッタ刺しです。
死人に口なしというくらいですから、感想を書くのなんかもっと無理です。
私のしかばねの横には、血文字で「クソエモペンギン太郎」と書いてあります。
いまわの際に鼻血で書いたらしいです。
(逆説的に感想になってません?)(なってません)

ちなみに「クソエモペンギン太郎」は私が考えた言葉ではありません。
読んだ方が作中のとあるキャラクターにつけた愛称(……愛称?)のようです。
キャラクターに自然と愛称がつくほど親しまれるのってすごいなと思います。
それだけキャラクターが魅力的だということですもんね。ええ、本当に魅力的でした。
(どう頑張っても小並感しか出ない)(ただのしかばねのようだ)

もうちょっと頑張りましょうか……。
『霧世界報告』の魅力は独創的な世界観や鮮やかに描き分けられたキャラクターたち、そして、その構成だと思います。
収録作の多くは種々のアンソロジーに掲載されたものだったり、単独でコピー本として先行頒布されたものだったりするようなのですが、少しずつ物語のすがたが見えてくるように掲載順が工夫されており、読み心地はむしろ長編に近いように思います。
そしてこの構成が、「霧世界」を体現しているようにも思いました。
たとえば、青空を夢見るゲイルとオズワルドの物語は飛行機乗りのロマンと哀愁に満ちていて胸が高鳴るのですが、読み進めていくうちに彼らの間に重大な事件が起こったことが察せられます。
一体何があったのか……見えるようで、全ては見えなくて、その察させ具合(?)が絶妙で、続刊が読みたくて仕方なくなってしまいます!
真相は来年7/16のテキレボ7での新刊を待て! ということのようですが、2/11のコミティア123でも関連作がお目見えするようで、いまからとても楽しみです。

ここでは性癖のため霧航士パートに偏った感想ばかりになってしまいましたが、コルネリアと船長のお話やアヤとシロさんのお話もまた違った雰囲気で非常にイイ感じですしこの世界観そのものが性癖なので、いずれもまとまった長いお話が出たらチェックしたいです。

いつも以上に駄文で申し訳ないです。ペンギンの……せいです……(遺言)
スポンサーサイト
2017'12'07(Thu)23:33 [ 同人誌の感想 ] . . TOP ▲